ダーツ初心者でも正しい練習法を学べばワンランクアップも夢じゃない!

サイトマップ

トップバナー

ダーツの練習方法

ダーツ初心者に向けた、練習方法の基礎的知識をご紹介致します。ダーツ初心者の方は、上達する為に、どのような練習方法に取り組んでいるのでしょうか。練習する為の時間が多ければよいという訳でもなく、ダーツを投げる際も、調子が出る日と調子が悪いと感じる日がある事を基礎的知識として覚えておきましょう。また、調子が悪い日には、練習すらしたくないという気持ちになるかもしれませんが、特にダーツ初心者の人は、調子が悪いからこそ、焦らず、気持ちを集中させ、平常心を保つという練習方法をしなければならない事も基礎的知識になります。

初心者がダーツをする際に、体の不調を感じても、精神的なショックがあっても、気持ちを平常心に保ち、ダーツをする事が出来るかという点が重要になることも練習方法の基礎的知識として知っておきましょう。ダーツの初心者の練習法は、大きく分けると2つにわける事が出来ます。1つは、ゲーム性を取り入れた練習法で、ダーツの中にある、“501”、“クリケット”等を利用して、ダーツを練習するのが効果的なのも基礎的知識です。

ダーツ

ダーツの飛び方を確認し改善

他にダーツ初心者の人の練習方法として“ラウンドザクロック”という方法も良いです。ラウンドザクロックでは、対戦相手がいるので、プレッシャー、緊張、戦略を練る等、様々な精神に関する修行を行える事も、ダーツ初心者の練習方法の基礎的知識です。また、ダーツ初心者は、ゲーム感覚でない練習の時は、得点を気にせず、自分のフォームを見直し、改善しながら、鏡を見たりしながら、自分の投げるダーツの飛び方を確認し改善するといった投げ続けていく練習方法がよいと言われているのも基礎的知識です。

刺さる
自分なりのフォームを確立

さて、先にでたラウンドザクロックの際中に、ブルやダブルを狙ってダーツを狙って投げる事で、目的を持った練習方法をする事も大切になる事を基礎的知識として覚えておきましょう。また、ダーツ初心者のうちは、投げ方も固定されていないと思うので、こういった練習方法で対戦しながら、自分なりのフォームなどを確立していくのが、適しているのではないでしょうか。そして、ある程度上達したと感じれば、さらにランクが上の対戦相手を見つけ、この練習方法を繰り返すと効果的です。

その2自宅での練習

ボード

初心者の方には少し難しいかもしれませんが、ダーツで使用されるティップは、目的に応じて長さを選択する事が可能で、重さのバランスを重要視しなければならないことも練習前の基礎的知識として覚えておきましょう。また、色のバリエーションが豊富で、自分の好きなカラーをいれる事が出来る事も基礎的知識になります。気に入ったティップ等、ダーツのパーツを自分で組み合わせ、先のような練習方法で自宅でのダーツをしたいと初心者のうちは誰もが1度は思うと思います。

現在では、ダーツ初心者が上達する為に自宅でダーツの練習方法を行う人も増加傾向にあるのも基礎的知識です。それと同時に、インターネットショップでは、ティップ等の消耗品の他、ボード等も様々な販売も行われている事もダーツの練習方法に役立つ基礎的知識です。また、ダーツのボードですが、ソフトボードと呼ばれている物は、素材がプラスティック製の物になります。なので、原則としてハードボードに投げるという目的で作成されているハードダーツと呼ばれるものをソフトボードに投げると破損してしまう事が多い事をダーツ初心者の人は基礎的知識として覚えておく必要があります。

夜等はダーツの練習方法にも限りが出て来てしまう ポイント

ハードボードに使うティップは本物の針で、刺さります。また、ダーツ初心者が自宅での練習方法を行う場合、ソフトボードですと、ティッププラスチックなので、刺さるときの音が大きく、夜等はダーツの練習方法にも限りが出て来てしまう事を基礎的知識として覚えておきましょう。なので、自宅でのダーツの練習方法として、ハードボードを使用する人が増えています。ハードボードでソフトダーツを投げれば、音を軽減する事が可能になるという事も自宅でのダーツ初心者の練習方法の基礎的知識になります。

ダーツ初心者が、自宅で練習方法を行う際に覚えてほしい基礎的知識は、ボードの痛む程度が早くなってしまうという事です。これは、コンバージョンを使用 すると効果的だという事も練習方法の基礎的知識として知っておきましょう。またネットショップでも、ダーツ用品を取り扱っているお店が増加してい る傾向を見ると、ダーツ初心者が上達するための練習方法のバリエーションが増えるのではないでしょうか。ただどのパーツでもよい、というわけではありません。 特にバレルなどは合う、合わないといったことがよくあるのので、ショップなどで、ためし投げ をしてみるのも大切なのも基礎的知識です。新製品だから、などという理由で買ってしっまうと自分に合わず、 ダーツが投げにくくなったりすることも多くあることなのです。自分にどれがあっているのか、というのは初心者の 間は難しいので、複数の人からみてもらって選ぶのもよいでしょう。その上で、自分が一番投げやすい物を選ぶとよいです。 下に飛んでしまうより、上に飛ぶ方がよいといわれています。このような簡単な知識を得ながら練習していくと効率もよくなります。

相互リンク
http://www.realmediajapan.com/
http://www.momoda.co.jp/bed/
http://exterior-gardening.com/

その3ダーツのスピード

スピードに乗る

初心者の方はダーツを投げる際に、どういった飛ばせ方をしていますか?例えば、早い速度で投げる人、ほんわりと飛ばす人、人によってそれぞれ投げ方が異なる事をダーツの初心者は基礎的知識として知っておきましょう。ダーツ初心者の方の練習方法として多いのが、とりあえず垂直で投げる練習だという事も基礎的知識として覚えておきましょう。

また、ダーツ初心者も上手になってくると、放物線の様に緩やかな線を描き、コントロールする事によって的に当てる事が出来るようになる事も練習方法の際に知っておきたい基礎的知識です。この線ですが、自分の投げ方や態勢から、どういった線を描くのかを理解し、頭の中のイメージに沿った投げ方をする事が出来るようになれば、ダーツ初心者も上達していくでしょう。毎回、同様の投げ方が出来るようになれば、得点も安定し、良い練習方法だといえます。

速度を加えて投げる事も重要となる ポイント

初心者がダーツを上手になりたいと強く願っている人であれば、ダーツを投げる際に、速度を加えて投げる事も重要となることも練習方法の基礎的知識です。速度を上げ、スローした際には、放物線でなく、直線で飛んでいくので、的を狙える率が上がります。この投げ方が出来るようになれば、ダーツ初心者を離脱する事が可能なので、練習方法の基礎的知識として取り入れましょう。

この方法は、ダーツに速度が必要になりますが、何も考えずに力だけ入れればいいという訳ではない事をダーツ初心者は基礎的知識として知りましょう。 力を入れない状態で、しなやかに、早く投げ込むという手順の練習方法が必要になります。初心者の練習方法としては、数を多く投げ込んでいくうちに、 コツを理解する事が出来、速度をつける事が出来るようになるので、まずは練習を重ねる事がから始めなければならない事をダーツ初心者は 基礎的知識として押さえておきましょう。間違っても野球投げや自分独自のフォームで初めから投げないようにしましょう。お店のスタッフ やうまい人に典型的な理想フォームを教えてもらった上で投げるのが練習法にはベストなのも基礎的知識です。多少投げにくいと感じるかもしれませんが、 しっかりと理想のフォームをキープできるようにしましょう。ただ、体に負担がかかりすぎて何回もできないフォームは自分の体に合ってないという ことですので、繰り返しできるフォームを探しましょう。

相互リンク
無料電話法律相談~男女トラブル
http://www.nihontanteishikai.jp/
http://osaka-mens-datsumo.com/

その4力を抜いて

リラックス

ダーツ初心者の方は、ダーツがとても簡単で手軽だと感じている人が多くいる事を基礎的知識として覚えておきましょう。ですが、遊びというだけでなく、少しでも上達したいと思っている初心者は、日常からダーツの練習方法を考えなければならない事を基礎的知識として知っておきましょう。ダーツを上手になるために、どういった練習方法を行っていますか。まず、ダーツはダーツの経験がない初心者でも、知っている通り、矢を投げて的に当てるゲームです。

指定された線に立ち、投げる姿勢を整え、構え、ダーツを投げるという単純作業です。この際に必要となるのは、自分の腕を降るという動作です。ダーツ初心者でも、自分の構えをきちんと理解していれば、その後は、自然に腕を振るだけだという事を練習方法の基礎的知識として覚えておきましょう。また、的をしっかりと見て、無心でダーツを投げる事が重要になります。精神統一というより、リラックスした状態で、同じペースで投げる事が大切になる事をダーツ初心者の人は練習方法の際の基礎的知識として心得ておかなければなりません。

平常心でいられるかという事が大切なポイント ポイント

ダーツ初心者の方は、体に変な力を入れる事なく、腕のみを動かすというイメージで、ダーツを投げる練習方法をするのも基礎的知識です。この際に平常心でいられるかという事が大切なポイントになるのでダーツの初心者は基礎的知識として押さえておきましょう。「絶対にはずさない」、「絶対に入れる」等と、自分にプレッシャーをかけると、変な力が入ってしまうので、いつも通りの投げ方が出来ない事が多くある事もダーツ初心者の練習方法の基礎的知識です。

なので、ダーツの投げ方の練習方法も大切なのですが、初心者はまず、気持ちを平常心に保つ 練習を取り入れなければならない事も基礎的知識です。ダーツをうまくなりたいのであれば 、初心者は、まずは緊張しない事から始めなければなりません。緊張せず、肩の力を抜い て、軽い気持ちで投げれるようになるという練習方法を行う必要があるのも必要な基礎的知識です。 そうしないと力が入りすぎてイップスという投げれない精神的な問題を抱えてしまうことにもなります。 初心者は誰でも最初は入らないもの。入らないからと気にせずに、リラックスして投げることを 心がけることが非常に大事です。きれいなフォームを意識して入る、入らないを考えずに、投げていれば自然と 入ってくれるようになるのです。的を意識せず、投げるときのフォームだけに意識をおいて練習しましょうね。 フォームを気にしすぎて的に刺さらなかったりはじかれてしまうかもしれませんせんが、フォーム修正の時は それでも大丈夫です。イライラしてしまうこともあるとは思うのですが、しっかりとしたフォームを意識しましょう。 鏡などがあるのであれば、素振りを鏡をみながら練習するのも効果的な練習方法です。台の前において確認すると、正面から見れるので、よく 確認できます。

相互リンク
http://abe-jim.com/
http://www.sougi-sos.com/saijou/saitama/koshigayashi-saijou/
http://www.magfine.co.jp/production/promotion.html

その5ダーツのスタンス

的に当てる

ダーツ初心者の人は、日常的な練習方法としてどういった事をすればよいでしょうか。先の通り、ダーツのコツは、リラックスした状態で、楽に構える事が重要だという事を基礎的知識として知っておかなければなりません。変に力が入ってしまうと、的まで届かなかったり、狙った場所と違う所に飛んで行ってしまう事を練習方法の際に注意すべき基礎的知識として覚えておきましょう。ここでご紹介致しますのは、スタンスについてです。

まず、ダーツは何回でも練習できるので、安定した点数を得る為にも、初心者の練習方法として自分に最適な体勢を体に教えておかなければなりません。上達するための、ダーツのスタンスとはどういった物なのでしょうか。誰もが知っているように、スタンスには、個人差が出てきます。自分が楽だと思うスタンス、投げやすいスタンスで構えると良いという基準がダーツの練習方法の基礎的知識になります。

「スタンスはこうでなきゃだめだ」という定義がない ポイント

ダーツの練習方法に、「スタンスはこうでなきゃだめだ」という定義がない事も初心者は基礎的知識として知る必要があります。なので、投げる線(スローライン)に立ち、投げやすい姿勢をとる練習方法も必要になることもダーツ初心者の人は覚えておくべき基礎的知識です。ダーツの初心者に基本の構えとしてとらえられるのは、肩幅程度に広げた状態でダーツを投げる、といったスタンスの練習方法です。

ダーツの初心者も上級者もそうですが、足を肩幅程度に広げて立った状態での練習方法が、1番投げやすく、本番でも活かせる、 というのも基礎的知識です。これが基本的に平均的な幅なのです。投げる前に立つ構えですが、正面だったり、斜めだったり、 人によって様々だと思います。ダーツ初心者は、ボードに向かって斜めに立った方が的に辺りやすいといわれています。 角度面では、自由ですが、初めてダーツをする人は、少し斜めの構えでの練習方法が適しているという事を基礎的知識として覚えましょう。 慣れていくにしたがって、自分の骨格や投げ方に一番自然で楽な立ち方が自然と身についてきます。その時になるまでは しっかりと基本形の立ち方で投げる練習をしましょう。また体に身についたと思っていても、勝手に体が変なスタンスをとっていることが 多いので、鏡などで確認するようにしましょう。

その6スタンスを変えての練習方法

命中

斜めを向いて立つスタンスは、ミドルという名称がある他に、中間型スタンスという名称があるという事を、ダーツ初心者の人は練習方法の基礎的知識として知りましょう。どういったポイントで初心者の人に適しているかというと、的が狙いやすいという事。また、ダーツを投げやすいという利点もあります。初心者の方は「ボードに対して、正面の方が狙いやすい」と感じる人もいるのですが、基本的に、正面を向いてしまうと的に当たる時と当らないときの差が激しくなるので、点数が前後してしまう事もダーツの初心者に必要な基礎的知識になります。

基本的に、デメリットが少なく、ダーツ初心者でも安定した投げ方が出来るのは、ミドルのスタンスでの練習方法です。ただ上達するための練習方法としては、ミドルスタンスだけでなく、たまには正面を向いて投げるという事も必要となる事も基礎的知識です。始めに楽な体勢をとると、投げる際にも、体を動かしやすくなる事を初心者の人は基礎的知識として知っておきましょう。

ぶれないスロー

ポイント ダーツ初心者にとって、動きやすい事はとても重要な点ですが、反対に体が動いてしまうという欠点がある事を練習方法の基礎的知識として覚えましょう。ダーツ初心者がぶれないスローが出来るようになれば、上達へ1歩近づいたといえます。ダーツ初心者が安定した点数を得る為には、何度も同様の動きで投げなければならないので、投げる際の動きがそのまま再現しやすい体勢をとる練習方法が重要となる事も基礎的知識です。

体が動かない事も大切になるので、ダーツ初心者はこういった点も気を配り、練習方法は、スタンスを調節 し、角度を少し変えてたり、変化を付けながら、あなたに適したポジションを見つける事が重要になる事も 基礎的知識になります。正面を向いた状態で、練習したいのであれば、普段の自分が楽に感じる斜めのス タンスの位置をキープしながら、正面を向いて投げるという練習方法をしましょう。あくまで自分の体が しんどくない状態になるようにしましょう。体を変にひねったりすると、体に負担がかかってしまいます。 いかがでしたでし ょうか。最近、ダーツバーを見かける事が多くなりました。ダーツをこれから始めようと思っているダ ーツ初心者の方は多くいると思います。ここでご紹介致しました、練習方法の基礎的知識が少しでもご 参考になれば幸いです。