ダーツをより良く楽しみ満喫しましょう

サイトマップ

トップバナー

ダーツにハマッたら

ダーツバー

これをご覧の方は、ダーツを経験した事がありますか?最近では、ダーツバーというバーも人気が高いですよね。若い方なら、1度は行った経験があり、実際にダーツをした経験がある人も多いのではないでしょうか。また、真面目にダーツをした事がないという人でも、「お酒を口にしながら、遊びでなら投げた」という人は、案外多くいると思います。

基本的にダーツは、まるで遊んでいるかのような感覚で楽しめるという利点もあり、とても人気なのですが、真面目にダーツをしようとすると、コツが重要になってきます。お酒を呑みながら仲間でワイワイと投げて喜ぶくらいなら、練習の必要はないでしょう。ですが、ダーツを上達したいと真剣に思っているのであれば、ダーツを始めたばかりの頃から、基礎を学び、正しい練習方法を知らなければなりません。

遊び感覚でのダーツは上達はしない

ダーツバー等で、ダーツをやってみて、その経験からダーツに魅了されてしまう人も多くいます。なので、ここでは、ダーツを始めたばかりの人の練習法ついて、ご紹介致します。まず、当たり前の話ですが、遊び感覚でダーツをしているだけでは、どれほどダーツを投げても、上達はしないという事を頭に入れておいてください。

ダーツを始めたばかりの人たちは、垂直に的を狙い、投げる事を目標としている人が多く います。ですが、「的に一直線に飛んでいく」という思い込みがあ るからです。ダーツを始めたばかりの人は、基本的にこのイメージが多くあります 。練習法も、実際にはターゲットを絞る事が重要になりますが、基本的にダーツを 始めた人にとって、一直線にダーツを飛ばす事がとても難しい事だという事を理解しておきましょう。 実際は半円を描くように上から下に飛んでいき的にダーツはささるのです。思い切り投げても これは変わりませんので、無理にまっすぐに飛ばそうと思わない方がよいです。

投げるときのクセ

ポイント

ダーツを投げる際のクセが定着しすぎてしまったせいで、点数や結果に悪影響となる場合には、改善しなければ、ダーツを上達する事は難しいと言えます。また、ダーツを始めたばかりの人は、全てを白紙にして、ダーツの基礎から練習する事をお勧めします。始めは、今まで練習してきた手順を変えてみる事から始めたらよいでしょう。ブルを練習する人が多くいますが、上達するためには、1つだけでなく様々なパターンで練習する事が大切になります。

基本的に、今までの練習の方法で、クセのある投げ方が体に染みついている可能性もあるので、別のパターンでの練習を重ねましょう。ダーツの練習は、始めたばかりの人でも、熟練の人でも、ダーツを投げている人も多くいると思います。ですが、ダーツを長くやっている人なら知っていて当たり前のことなのですが、たまには座った状態でダーツを投げる練習をすると効果的です。

リラックした状態でダーツを投げる
椅子

椅子に座ったまま、ダーツを投げるとどういった効果が得られるのでしょうか。まず、下半身が椅子に固定され、まったく使えません。また、的の位置が経っているときよりも、上にくるのでクセのある投げ方をしてしまっている人は、的まで届かないという事態に見舞われてしまいます。なので、椅子に座って練習する際には、力を入れるのではなく、リラックした状態でダーツを投げる事を心掛けましょう。

椅子に座った状態でダーツをするのは、立ってするダーツよりも、体力的には楽な方法なのですが、投げる基本 の動きが出来ていなければ、投げたとしても的には届かないので、今の状態よりも上達したいと思っている人は 、オススメの練習方法となります。また、始めたばかりの人にとって、この練習は 、自分の投げ方の悪いクセを見つけすチャンスにもなります。先輩の意見を聞きながら練習するの もよいですが、ネットでプロの方の動画を参考にする等、個人で勉強する事は無限大の可能性を秘めている ので、上達しないといってあきらめずに、練習する事から始めましょう。プロの動画でも自分がマネして投げやすいと 思った人の動画を集中的にみるとよいです。それを見ながら、手の動き、脚の置き場所、体の向きなど研究して、一つずつ真似していくと フォームが似てきます。

ダーツの初心者の練習方法の基礎的知識