01ゲームで格好良く決めてゲームに勝利

サイトマップ

トップバナー

01ゲーム

先に0に達した人が勝利

ダーツをしている人が、多くプレイするゲームで、01というゲームについてのご説明を致します。ルールは至って簡単です。先に、0に達した人が勝利というルールになっています。ですが、このゲームをやったことがある人はわかると思いますが、ちょうど0にするというのは、とても難しいのです。

始めたばかりの人は301か501が良い

スタートした地点での点数は、301、501、701、901、1101、1501という風に分けられていて、必ず桁の最後が01になっている物です。ラウンド数は、お店によって異なりますが、501であれば、大体10ラウンド、901まででは15ラウンドだと思います。始めたばかりの人は、301か501の方が良いと思います。

見栄を張り、それ以上の点数から始めてしまうと、規定されたラウ ンド数以内で上がる事が出来なくなってしまう可能性がとても高くなるので、あまり面 白くないと感じてしまうかもしれません。このゲームも、ブルが内外で区別なく50点な ので、点数を減らす基本はブルを狙う事が大切です。実際の試合ではこのゲームを制するものが 勝者となります。いくらクリケットが強くてもゼロワンと呼ばれるこのゲームが弱いと 負けますので、しっかり練習しましょう。

チェックの仕方

ポイント

01で注意しなければならないのは、48点等、50点以下の点数になってしまった場合です。いつも通りブルで点数を減らしていて、誤ってブルに入れてしまうと、点数がオーバーしてしまいます。これを、バーストと言い、点数が48点に戻り、次のプレイヤーにターンが変わってしまいます。

格好よく決める事がこのゲームの決め手
ダーツを持つ女性

48点等の点数で順番が回ってきた際には、どうすればよいのでしょうか。16のトリプルなんてどうでしょうか。ここに、一発で入れる事が出来れば、そのまま勝ち抜けです。ですが、トリプルを狙っていたのにシングルの16に入ってしまった場合、残りの2投32点残りますよね。その際には、16ダブルに入れます。格好よく決める事がこのゲームの決めてとなります。

ダーツの初心者の練習方法の基礎的知識