ダーツを放物線を描くように投げコントロールしてみよう

サイトマップ

トップバナー

ダーツの投げ方とコントロール

前回と全く同様の投げ方で

ダーツの矢が飛んでいくときの速度も重要で、勢いがなさすぎると、一直線に飛ばすことはかなり至難の業となります。ダーツを始めたばかりの人も、腕の筋力に自信があって、ダーツを速い速度で、力強く、一直線に飛ばせる自信がある人なら、垂直に狙うという事も出来ると思います。ですが、ダーツは、基本的に測度や力強さは関係なく、ターゲットにちゃんと刺さるかを判定するゲームとなっています。

また、同じの場所へダーツを指すのであれば、前回と全く同様の投げ方で投げなければなりません。幾度もダーツを投げるうちに、ダーツを始めたばかりの人は、体が動く場所を最小限に絞り、前回と同様の投げ方が出来るように工夫するような、練習法を行わなければなりません。また、自分には力がない、速度もそこまで出せないという人でも、ダーツを諦めるのは、まだ早いです。

放物線を描いて飛ばす

的までの距離は、2m44㎝程だと規定されているので、力の弱い女性が、力を抜いて、ゆっくりと投げても、的まで届く距離で設定されています。ダーツを投げるときには、放物線を描き、的に刺さるイメージを頭の中で描きましょう。一直線に飛ばすというよりも、放物線を描いて飛ばすという点を目標にしたダーツの投げ方の方がより、上達できる投げ方です。

なので、イメージとしては、放物線を頭の中で想像し、それと同様になるダーツの飛 ばし方を練習すると効果的です。ダーツを始めたばかりの頃、上達しない理由として、クセのある投げ方 をしている人が多いという事が挙げられます。平均点が上がらない、点数がばらつき、調子がいい時、悪い時の 差があるという人は、投げ方のコツをきちんと理解していない人だという事になります。 ハイスコアを出すことも大事ですが、それと同じくらいに、安定して得点をだし、波が荒くならないように することも大事になってきます。

コントロール

ポイント

ダーツを投げる際に、手首を後ろへ予め固定するという方法で行えば、コントロールする事はたやすいと思いますが、初めての方は避けた方で良いと思います。この方法は、上級者の人以外は避けた方がよいでしょう。この練習方法は、上級者向けの方法なので、初心者の人は避けて通った方が良いでしょう。力を入れない状態で投げられる事が、大切になります。

また、フライトと呼ばれているダーツについている羽も、形、色、サイズにバラつきが出ます。当然のことですが、そのお店ごとに用意しているダーツは、バランスも異なり、ダーツの重さも全て異なっているのです。なので、練習する際には、自分が1番使いやすいダーツを決めておく事も大切になり、上手になる為には必要ですが、今まで練習してきた自分のダーツと全く同様の物が行った先のお店にあるとは限りません。

マイダーツを選ぶ際に実際に投げて自分で投げやすいかどうか
マイダーツ

様々なダーツでの投げ方を覚えておく為、安定させる為にも、「自分ダーツ」、通称、「マイダーツ」を持っておく事が大切になります。マイダーツを選ぶ際には、実際に投げて自分で投げやすいか確認することが大切になります。

豊富な種類のダーツを実際に投げる事によって、自分に適したダーツ、適さないダーツ が明確になってくるので、始めのうちは様々な店舗で、色々なダーツを投げる事 をお勧めします。勿論、デザインは重要で個性を出せるダーツが良いと思う人もいるのですが、 上達の為には、デザインよりもまず、握りやすく、投げやすい物が重要になります。 人それぞれ、手の形や体つきなどの違いにより、どれがよいのか、というのが変わりますので、自分の投げやすいダーツを しっかり選びましょう。

ダーツの初心者の練習方法の基礎的知識