ダーツのフォームの再確認として利き手の反対で投げてみるやり方

サイトマップ

トップバナー

反対の手で投げる

少し変化を加えた練習の方法

みなさんは、どのようなダーツをしていますか?お酒を呑みながら、仲間で楽しくダーツをしたいという意見の人も多いのですが、ダーツを上級者並に格好よく投げれたらいいと思いませんか。「女性にモテたいから始めた」という考えの男性も多いのですが、どちらにしても、ダーツが上手である事はとても良い事です。

どうにか今の状況を脱出して、ダーツを上手になりたいという人に、少し変化を加えた練習の方法をご紹介致します。始めたばかりの方も、練習を重ねるごとに、どんどんと上手になっていくと思うので、あきらめずに練習する事から始めてください。例えば、右利きの人は当然ですが、毎日右の手で投げる練習をしているでしょう。ここでご紹介する練習方法は、少し変わった方法です。

フォームの再確認

あなたの利き手ではない方、右で投げていた人は、左でダーツを投げるという練習方法です。この際に、「利き手でも上手に投げられないのに、利き手じゃない方で上達する訳がない」と思う人も多いと思います。それは、正論で、利き手じゃない方でダーツを投げても狙った通りにダーツは飛びません。

ですが、利き手じゃない方でダーツをするという練習方法は、ダーツの基礎を勉強するため、フォームの再確認のためにとても有効な方法なのです。自分のどこにクセがあるのか、利き手でない方でダーツを投げる事によって、確認する事が可能なのです。基本的に、右手でダーツをしている人は、右手のフォームが以前から固まってしまっているでしょう。

反対の手で投げる効果

ポイント

これと言って意識せずに投げている状態は、リラックスしていてとても良い状態だといえるのですが、万が一間違ったフォームだった場合、的に入る事はありません。ダーツに慣れている人は、フォームが固まってしまい、自分のどこにクセがあるのか、自分で判断する事は難しい状態となっているのです。ここで、利き手ではない方で投げてみるとどうでしょう。

利き手ではない方でダーツをする事には、慣れていないので、1から勉強する事になります。慣れていない事が幸いし、構えるフォーム、テイクバック、始めたばかりの頃に学んだ事を1から覚える事が出来るのです。基礎を意識する事が、フォームの練習として、1番最適な方法で、上達への1歩ともいえるのです。

利き手ではない方で投げるという練習方法
ダーツを持つ

利き手ではない方で投げるという、練習方法は、1投事に細かいフォームを意識しながら投げなければ、的に当てることは不可能でしょう。利き手の時のように意識せずとも投げれる、何も考えなくとも的まで届くという練習方法とは、大きく異なっています。利き手ではない方でダーツを投げる事が出来るようになったとき、利き手に戻すと、自分でもびっくりする程、ダーツの腕が上がっていると思います。

日頃から、ダーツを投げるという行動に、体が慣れてしまい、自分で気付く事の出来なったクセにも自分で気づくこ とが出来るのです。何事も、基本、基礎は重要ですが、そこに戻りフォームを直すことは、少し難しいかも知れませ ん。ですが、ダーツの場合は、幸いにも、この方法で修正する事が可能なのです。的 に当たらなかったり、思うような点数を取る事が出来なくなったのであれば、フォームを見直す事が上達への1歩と なります。クセになってしまったフォームを矯正するのは難しいですが、時間をかけて基本に戻りましょう。 基本にさえ立ち返れば、絶対にうまくなるのです。迷ったら、元にもどす、というのを常に心がけましょう。

ダーツの初心者の練習方法の基礎的知識