様々な練習方法でダーツの上達を目指そう

サイトマップ

トップバナー

ダーツのバレル

ダーツを楽しむ人がとても多くなっている

最近は、ちょっとしたバーの中に、ダーツの機械がおいてあるお店も豊富になってきました。ダーツの機械を目にしたとき、「試しに投げてみたい」と思った人も多くいるのではないでしょうか。また、インテリアとしてダーツを飾っている店舗であれば、実際に投げる人はあまり、いないと思います。

ダーツの機械をインテリアとしておいている店舗では、自分が先陣を切って投げる事に対して勇気がいると思いますが、一般的なダーツバーだと、楽しそうに、時には真剣にダーツをしています。一生懸命、様々な練習をしている姿を見る事もできます。最近では、ダーツバーも増えて来たので、ダーツを楽しむ人がとても多くなっています。

ただ単に、飲んで投げているという訳ではない

ダーツは、投げるだけの簡単なゲームだと思っている人が多くいると思います。ですが、ダーツを的に当てる為には、それ相応の技術が必要で、上達する為には、練習や自分にあったバレルをもっていなければなりません。ダーツを趣味としてしている人であれば、得点を挙げる為、上達する為に、様々な練習やバレルを変えたりなどしています。ただ単に、飲んで投げているという訳ではありません。

練習の方法も、上達する為には重要な事ですが、始めたばかりの人は、 ダーツを握る部分が何で出来ていて、特徴がどうなっているかという事も、練習と同じくらい に重要なポイントとなります。自分に適したバレルが何か、という事を明確にする事も、上達へ の1歩となります。ダーツには、バレルのバランスが重要となり、バランスが崩れる事によって、垂 直に飛ばなかったり、思うような線を描く事が出来なかったりしてしまいます。 軽い/思いバレル、重心が前、中心、後ろにあるバレル、短い、長いバレルなどたくさん種類が あるのですが、ショップでためし投げができますので、様々なバレルを使って納得するまで 投げて、一番合ったものを選ぶと良いでしょう。

バレルに適した練習法

ポイント

ダーツは、とても小さい本体であるのに、4つの部分に分ける事が出来、それぞれに役目が存在しています。その中でも、バレルと呼ばれる部分にはダーツの重心が終結しているかどうかという点で、得られる点も異なってきます。バレルの素材は、大きく分けて2つあるのですが、始めたばかりの人は、ブラスダーツを使用した方が良いでしょう。

ブラスダーツは、真鍮製の素材で、軽い、安いという点がとても魅力的な物となっています。また、少し太めなので、始めたばかりの人でも握りやすい形となっています。また、ブラスダーツのバレルは、その重心がやや前方となる事が多いので、初心者が投げても綺麗な放物線を描く事が出来るようになります。また、もう1つのタングステンダーツのバレルは、ニッケルとタングステンという素材で作成されます。ブラスダーツよりも、しっかりとし、丈夫で握り部分が少し細くなっています。

狭い範囲をかなりの命中率で指す事が可能
的に命中

タングステンダーツのメリットは、ダーツが上手になってくると、ブル等のかなり狭い範囲をかなりの命中率で指す事が可能になります。なので、少し上級者向けのダーツだという事になります。狭い場所にいくつもダーツを指す事が出来れば、とても格好良いですよね。また、バレルが太いと、前の矢が刺さっているのに、次の矢がはじかれてしまう場合もあるので、上手な人は、細いタングステンダーツのバレルを使用します。

ダーツを上達した人に適した練習法でも、この技術を取得する事は出来ますが、そのためには、ダーツを タングステンにする必要があります。あなたも上達してきたら、ブラスタダーツからタングステンのバレルに切り替える事を視野に入れてみてはどうでしょうか。ダーツの素材を変える事によって、様々な練習方法を試してみ るのもありですね。ショップにいくと色々な種類がありますので、ためし投げしてみるとよいでしょう。良い方法は色々な種類を1本ずつとって、手でごちゃごちゃにし、投げてみることです。 何回か投げて、ブルに近かった数が多い種類が自分に合っているダーツです。

ダーツの初心者の練習方法の基礎的知識