基本的な服装を知ってダーツを楽しみましょう

サイトマップ

トップバナー

服装や雰囲気

ダーツにドレスコードはない

ダーツの服装について、ご紹介致します。ダーツバー等に行った事がある人は、ご存知かもしれませんが、ダーツにはドレスコードという物が存在しておりません。なので、動きやすいと思う服装であれば、なんでもよいのです。一般的に、男性は女性に比べてお洒落度が少し低いですよね。なので、ここでご紹介するのは、男性向けのファッションです。

格好よくダーツを熟せるような恰好

例えば、メダリストジャパンの大会ドレスコードでは、個性を出しすぎず動きやすい格好であれば、何でもよいといわれています。ですが、人前なので、ジャージや作業着等は控えましょう。また、下駄やサンダル、素足も避けなければなりません。普段の練習では、仕事帰りに足を運ぶ人もいると思います。

当然、仕事着でいらっしゃる方もいると思います。この際には、仕事着についている汚れを落としてから練習に向かいましょう。休日にダーツをしに行く場合には、仲間や恋人と行く事があると思います。冬は、選択された長袖シャツに動きやすい長ズボン、フォーマルな靴、夏は清潔感のあるポロシャツに、動きやすい長ズボン、カジュアルな靴が良いと思います。格好よくダーツを熟せるような恰好がよいでしょう。

雰囲気

ポイント

ダーツは、イギリスが発祥の地である事から、紳士、淑女が行う為のスポーツとして誕生しました。なので、出来れば、見ている人をうっとりさせる事が出来るような格好良さ、可憐さを意識しましょう。ですが、ゴージャスにする必要はありません。ダーツの投げ方、服装で可憐さと格好よさを出すのです。

始めのうちは形から入り雰囲気を作る
ダーツケース

ダーツは必ずしも、勝敗を決める体育会系のゲームではないのです。華麗に行う事が 目的となっているのです。ホームがきれいだねと褒められたりすると、得点に満足は行かずとも、うれしい気持 ちになる事が出来ます。始めのうちは、点数よりも、綺麗なフォームと品のある服装、形から入り雰囲気を作る 事を考えてみてもよいかもしれません。ダーツだけのことではありませんが、やっていることの中で自分なり の楽しみを見つけ出す、ということも継続していくのに必要なことになります。

ダーツの初心者の練習方法の基礎的知識