お酒のマナーを守って仲間と和気あいあいと

サイトマップ

トップバナー

お酒と人との関係

本来密着な関係

最近は、ゲームセンター等で手軽にダーツをする事が出来る場所が増え、お酒を扱う場所が減ってきた事も事実です。ですが、ダーツとアルコールは、本来密着な関係なのです。ダーツ発祥の地のイギリスのバーでは、気の合う仲間がダーツをして、勝者に敬意を示し、お酒を1杯おごるというかけがありました。

絶妙な組み合わせをぜひ体感

こうする事によって、場の空気が和み、負けた悔しさを次の楽しさに活かしながら、会話を弾ませ、仲間が増えていくという傾向にありました。適度なアルコールであれば、大きく盛り上げる事が出来ます。本来、ダーツとはパブでの遊びなので、一杯飲みながらダーツを楽しむ力をつけるとより一層、ダーツが楽しくなると思います。

また、ダーツの勝負事には欠かせないとされているお酒は、“テキーラ”ですよね。負けた者が罰ゲームとして、自腹でテキーラを呑むというものです。通称“じばテキ”と呼ばれる事もあります。テキーラは美味しい訳ではないのですが、とても楽しいお酒だと思います。絶妙な組み合わせをぜひ体感してみてください。ですが、いくら酔っぱらったとしても最低限の人間としてのマナーは忘れないようにしなければなりません。

人との関係

ポイント

ダーツとは、人との関係があるからこそ、楽しむ事の出来るスポーツなのではないでしょうか。まず、どこまで親しくなっても相手を誉めることを忘れないようにしなければなりません。どんなに調子が悪くとも、人や物に八つ当たりをしないようにしましょう。お酒の力なのか、本人の性格なのか、我慢する事が出来ない人が多々います。

1人で楽しまず恋人への気配りを忘れない
カップル

また、泥酔するまで飲まないという事が大切になります。人との関係は、とても 大切なのでダーツをする際には、覚えておかなければなりません。また、少し話は変わりますが、ダーツ に恋人をつれていく人も多くいます。その際には、1人で楽しまず、恋人への気配りを忘れ内容にし、恋 人がダーツをしているのであれば、教えてあげるようにしましょう。一人でのめりこんでしまっている人が案外多いのですが、それでは せっかくのダーツがケンカの元になりかねません。

ダーツの初心者の練習方法の基礎的知識