ダーツを楽しむにはマナーを知ることから

サイトマップ

トップバナー

ダーツのマナー

最低限のマナーを守る事が必要

ダーツは、お酒を飲みながら楽しむことも多く、アルコールが入りすぎて、どうして も騒いでしまったり、冗談のつもりで、相手の邪魔をしてしまうこともあります。また、大 会に出ないのであれば、そこまでマナーを守る必要はないのですが、せめて、最低限のマナー を守るようにしましょう。

ダーツはミリ単位の勝負

まず、ダーツを始める時と終了後には挨拶をしなければなりません。地方によって挨拶の仕方は異なるかもしれませんが、基本的に開始と終了後に挨拶をします。開始時には「宜しくお願いします」といってこぶし同士をぶつけたりします。そして、終了後には「ありがとうございました」と言って握手をするとよいでしょう。知らない人とゲームをするときには、徹底して行いましょう。

投げている相手に触れない事も大切です。ダーツはミリ単位の勝負なのです。対戦してい る相手がスローしている最中に、フォームに入っているにも関わらず、冗談だとしても、相 手に触れないようにしなければなりません。親しい友人でも、これは避けた方がよい でしょう。故意に触れた訳でなく、当たってしまう事もあるかもしれないので、少 し離れた位置での待機をお勧めします。これは最低限のマナーですので、必ず守るようにする必要があります。

最後まで投げる

ポイント

ダーツをしていると、いつもの調子がでず自分の調子が悪いと感じることも多くあります。また、相手が強いすぎて調子がでないと感じることもあります。途中からやる気をなくし、適当に投げているような人を目にする事があります。ただこの行為は、対戦相手にとても失礼な行為なので、例えやる気がなくなったとしても、それを目に見えるような態度で示さないようにしましょう。

マナーを知らずに投げている人
楽しむ

ダーツはあまり知られていないマイナーなスポーツだったのですが 、ソフトダーツが登場して一気にダーツをする人が増えました。ダーツをしている人が増えることは とてもよいことですが、マナーを知らずに投げている人も、残念ながら増えてしまいました。最初 は知らなくて当然ですが、ここでご紹介した事を参考にして頂き、誰も不快にする事 のないダーツを行ってほしいものです。間違ってケンカなどしてお店に迷惑をかけることは絶対やめましょう。

ダーツの初心者の練習方法の基礎的知識